Colorful medical pills

服用する際の注意点

the medicines

服用方法についてご紹介してきましたので、次は服用する際の注意点についても合わせて知っておきましょう。
まず、バイアグラを使用してはならない人がいるということについてです。
バイアグラを過去に使用してアレルギー反応が出た方、心臓や血管に障害があり、セックスをすること自体を医者に止められているという方、重い肝機能を患っている方、低血圧や高血圧の方、脳梗塞、脳出血、心筋梗塞を6か月以内に引き起こしたことのある方はリスクを伴うことになりますので、あらかじめ医師と相談しておくことが大切です。
また、自身の病の治療のために硝酸剤を使用しているという方は併用禁忌薬ですので、バイアグラの使用を禁止されています。
バイアグラが持つ血管拡張作用と似た働きを持つ硝酸剤を併用してしまうと、急激に血圧を下げてしまう恐れがあるのです。
硝酸剤は飲み薬としてのものだけではなく貼り薬、吸入薬、塗り薬、スプレーといったものもありますので特に注意が必要となります。
また、バイアグラを服用すると副作用が起こってしまうこともあります。
頭痛、めまい、顔のほてりは多くの方が感じる症状で、血管拡張作用により血流が良くなり血圧が低下することから引き起こされる症状です。
他にも鼻づまりや消化不良、胃痛、動悸といった症状も人によって感じる方もいるようですが、薬の効果がなくなっていくのと同時に症状も治まっていくので安心して下さい。
セックスに影響することを心配する場合は、事前に市販の頭痛薬や痛み止めを服用しておくことがオススメですよ。
勃起不全に悩む方に高い効果が期待できるバイアグラですが、これらのことに気を付けて使用することはとても大切です。
ED治療薬バイアグラの使用を考えているなら、必ず頭の中に入れておいて下さいね。